お申し込み・お問い合わせは
9:00~17:30(月~金)
kaigo-school@cocofump.co.jp

介護職員初任者研修

COURSE GUIDE

都道府県指定「介護職員初任者研修」通信制講座

介護職員初任者研修とは
どのような資格なの?
介護職員初任者研修とは、介護の仕事を行うために必要となる基本的な知識や技術、
考え方を身につけ、基本的な介護業務を行うことができる資格です。
介護の業界で活躍するために、最初に取得することをおすすめしたい資格です。
介護職員初任者研修 介護職員初任者研修

介護職員初任者研修の内容

介護の仕事は、大きくわけると生活援助身体介護の二つがあります。
生活援助とは、本人や家族が家事を行うことが困難な場合に、掃除、洗濯、調理、薬の受け取りなど、日常生活の支援を行うことです。
身体介護とは、利用者の身体に直接接触して行うサービスです。訪問介護を行う場合、食事や排泄、衣服の着脱などの介助を行うときには、利用者の身体に直接、接触することが必要となります。このように直接、接触して行う介護サービスは資格がないと実施することができません。介護職員初任者研修を取得すると、この身体介護が実施できるようになります。

従来の介護分野には、訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修や介護職員基礎研修など、様々な研修・資格が存在していました。介護人材のキャリアパスをわかりやすくして、介護人材の定着をはかるため、研修が一本化されました。介護職員初任者研修は、身体介護を行える入門的な資格として位置づけられ、ヘルパー2級資格の後継資格といわれています。ヘルパー2級と介護職員初任者研修の違っている点として、ヘルパー2級であった施設の実習がなくなったという点と、「修了評価」とよばれる筆記試験が必須になった点があげられます。

介護職員初任者研修を取得するメリット

介護の専門家としてキャリアを
スタートできる!
介護職員初任者研修を修了すると、資格を持つ介護の専門家として働くことができるようになります。給料も無資格者より高くなる場合が多く、仕事を任されるチャンスも広がります。
また、介護職員初任者研修は、学歴や年齢を問わず、未経験者でも取得できる点が大きな特徴です。
通信講座や通学講座、夜間に開講される講座など、さまざまな講座が開講されているため、子育てをしながら、仕事をしながら取得しやすい資格といえるでしょう。主婦の方や、定年退職後も働きたい方、求職中の方など、資格をとって就職につなげたい方に、ぜひおすすめしたい資格です。
家族の介護に役立つ!
介護職員初任者研修では、尊厳の保持や自立支援など、介護の理念を学ぶことができます。
また、人間の基本的な体の仕組みや、老化が及ぼす影響、高齢者が健康でいるための知識などを学習します。移動・移乗の技術や福祉用具の知識も身につくため、家族の介護に役立ちます。
就職に有利!
介護保険制度創設後、介護職員数は大幅に増大していますが、高齢化の進展により2025年には介護職員は現在の1.5倍(約237~249万人)必要とされています。高齢者の増加を背景に、介護職は求人ニーズが非常に高い職種であるといえます。
介護職員初任者研修を受講することで、高齢者の命を預かる介護の知識や技術を身につけることができ、介護の専門家として活躍することができます。
様々な職場で活躍できる!
介護職員初任者研修を取得すると、訪問介護や特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームなどで、介護職として活躍することができます。
また、病院や診療所で、医師や看護師の指示を受けながら勤務することができるなど、様々な職場で活躍することができます。
キャリアップにつながる!

従来の介護分野には、訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修や介護職員基礎研修、介護福祉士など様々な研修・資格が存在していました。
そのような中で、介護人材として中核的な役割を果たす介護福祉士となるために、一定の教育プログラムを経た後に、国家試験を受験するという資格取得方法の一元化が目指されました。
介護職員初任者研修は、身体介護が行える介護職員の入門の資格です。介護職員初任者研修を取得することで、介護の専門職として、キャリアアップの道が大きくひらけるといえます。

キャリアップにつながる キャリアップにつながる
認定介護福祉士
ケアマネジャー
介護福祉士
実務者研修
介護職員初任者研修(本研修)
生活援助従事者研修
  • ■認定介護福祉士
    介護福祉士の上級資格として
    設置される予定です。
  • ■ケアマネジャー
    利用者の相談に応じてケアプランを作成。
    活躍の場が広がります。
  • ■介護福祉士
    「社会福祉士及び介護福祉士法」にもとづく
    国家資格。介護のプロとして現場で活躍できます。
  • ■実務者研修
    平成27年度からは介護福祉士になるために
    必ず受講する必要がある研修。
    実務経験者向けの研修です。
  • ■介護職員初任者研修(本研修)
    ホームヘルパー2級の後継資格。
    身体介護を行える介護職員の入門の資格です。

都道府県指定
「介護職員初任者研修」
通信制講座

資格内容

受験資格は、特にありません。学歴や年齢を問わず、誰でもチャレンジできる資格です。

研修概要

初任者研修は合計130時間のカリキュラムで構成され、教材で学ぶ科目と、介護の現場に則した実
技の演習を行う科目で構成されます。(実技の評価は、スクーリングの演習中に実施されます。)
全課程を修了した後、理解度を確認する目的で修了試験(筆記試験)が実施されます。

受講の流れ
  • 開講式・テキストの配布

  • 通信課程 10科目 40.5時間

    ご自宅で課題を解いていただきます。
    選択式問題や記述問題です。

  • スクーリング 15科目 89.5時間

    約4ヵ月 週に1回のスクーリング
    講義や演習、実技を受講します。

  • 修了試験 1時間

    全課程が修了すると修了試験(筆記試験)で理解度の確認を行います。

  • 修了式

    すべての課程を修了し、筆記試験に合格された方には、修了証が発行されます。

受講料

受講料とキャンペーン価格・
キャッシュバック制度

※横にスクロールできます。

介護職員
初任者研修コース
(通信講座)
受講期間 スクーリング回数 受講料
(税別)
キャンペーン価格(税別) キャシュバック
制度
土曜日
コース(週1回)
4か月 15回 59,100円 56,000円
日曜日
コース(週1回)

※受講料には、テキスト代が含まれます。